リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

リハビリ寝返りの動作分析のポイント

寝返りは、起き上がり、座位と臥位から姿勢を変換していく際の最初の動作である。寝返りの運動パターンも人それぞれ多様なパターンがあります。そのため、寝返り動作を主としてリハビリに当たるということは少ないと思います。しかし、寝返りの仕方、運動パターンが立位や歩行に置いても似たような姿勢や運動パターンを取っていることも多く、寝返りの動作分析をしておくことも重要です。また、臥位での治療展開の中でも背臥位から側臥位へなる際など寝返りを行うためその運動パターンを知っておくことは大切です。

【寝返りの動作分析】

寝返りや起き上がりの運動パターンは多く、ある報告では60名の被験者の起き上がりに置いて89パターンが認められた報告もあります。ここでは、寝返りの動作の構成要素を3相に分け記載していきます。

【第1相】

第1相は、屈曲相であり背臥位→上部体幹回旋までの過程。

寝返り動作への移行において、頭頂部屈曲の動きが重要です。肩甲帯の前方突出が生じることで体幹回旋筋群を賦活させ、続いて脊柱を中心とした体軸回旋が起きます。リーチによって上肢重量が寝返る方向へ関節トルクとして回旋を補助します。

【第2相】

第2相は、側臥位への移行層で上部体幹の回旋から完全側臥位移行までの過程です。

肩甲帯の前方突出と上肢リーチにより胸椎が回旋し、上部体幹が寝返る方に回旋していきます。胸椎回旋に伴いCoMが寝返る方向に移動し、広背筋の遠心性収縮により、骨盤、下肢が追従し完全側臥位となり、荷重側の上肢の支持も生じます。

【第3相】

第3相は、完全側臥位から腹臥位へ移行していく相であり、伸展活動が優位になります。そのため、非支持側肩関節のさらなる屈曲や前腕支持への準備段階となり、従重力コントロールが要求されます。完全側臥位はBOSが狭く、最も筋緊張のコントロールが要求され、骨盤のさらなる前方回旋や股関節伸展のための筋活動も必要となります。

 

【まとめ】

寝返りは背臥位→半側臥位→側臥位へと移行していく動作です。重要なポイントは支持面側と非支持面側の両側の活動を要求しながら体軸回旋を行うことです。寝返り動作の中には、上肢のリーチ動作の要素も入っているし、下肢での床からの蹴りだしの動きも入っています。臥位でマット上の動作であるが、リーチや起立、歩行などでの上肢や下肢の使い方、体軸回旋を評価、治療することができます。一つの動作から他の動作に共通する特徴を抽出し、治療展開していくと良いと思います。

【参考文献】

金子雅史著 医学書院 「脳卒中の動作分析 臨床推論から治療アプローチまで」