リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

「知っておきたい!脳卒中の原因とは?」

はじめに

現在日本の死亡原因としてがん、心臓病に次いで3番目に多いのが「脳卒中」です。

死に至る病気として重大な疾患ですが、幸いにも死に至らなかった場合も多くの方が手足の麻痺や言語障害など多岐にわたる後遺症に苦しんでおられます。

そこで今回は、脳卒中という疾患やその原因を知っていただけるようまとめてみました。

 

脳卒中とは?

「脳卒中」は脳の血管が詰まったり、破れたりして起こる疾患の総称です。

脳は全身を司る中枢になっているので、脳の血管が詰まったり破れたりすることで異常をきたすと脳の細胞が壊死し、全身の機能が著しく低下してしまいます。

 

脳卒中はいくつかの種類に分類されます。

脳の血管が詰まることで生じるのが「脳梗塞」、脳の微細な血管が破れるものが「脳出血」、脳動脈にあるコブが破裂してくも膜という脳を包む膜の内側に一気に出血が拡がるのが「くも膜下出血」です。

それぞれ、脳のダメージを受けた場所や程度の違いにより生死や機能障害の内容が異なってきます。

 

脳卒中の原因は?

脳卒中の主な原因をご説明します。

 

■動脈硬化

血管は、本来ゴムチューブのように弾力性があります。

しかし、ゴムチューブが劣化すると弾力性が低下して破けやすくなるように血管も年齢とともに弾力性が低下して硬化していきます。

この現象は加齢による影響もありながら、高脂質な食生活などによって血液内の油や脂肪(コレステロール)が多くなりこれらが血管壁にこびりついて血管壁が厚く硬くなってしまうことでも起こります。

そうすることで、血液の通り道が狭くなって脳梗塞になりやすくなったり、血管が破れて脳出血を起こしやすくなります。

 

■高血圧

心臓から排出される血液量が多くなったり、動脈硬化などで血管の弾力が低下して血液が流れることに対する血管の抵抗力が強くなると慢性的に血圧が高くなります。

血圧が高くなると血管壁にかかる圧も大きくなり血管の内壁が傷つきやすくなるので、血管が詰まったり破れやすくなります。

これらのことからも動脈硬化と高血圧は切り離せない悪循環を生むことになります。

 

■脳動脈瘤

動脈瘤とは、血管の一部分がコブのように膨れ上がったものです。

これが脳の血管にできたものを「脳動脈瘤」と言い、破裂するとくも膜下腔に一気に出血が拡がります。

動脈瘤は血管における遺伝子レベルの奇形なので遺伝的要素が大きく、生まれてからの行動や生活習慣によってコントロールされるものではありません。

ただし、「多発性嚢胞腎」という腎臓の疾患に罹患している方は動脈瘤ができやすいという傾向があるようです。

いずれにしても、動脈瘤の存在自体が脳卒中の原因になるわけではなく、それが破裂することで脳卒中の重篤な症状を引き起こします。

動脈瘤が破裂する原因としては、一般的な脳卒中と同じ高血圧などが大きく関与しますので、脳ドックなどで脳動脈瘤の存在が分かった場合には動脈瘤のない方以上に血圧管理などに気を付ける必要があります。

 

脳卒中の原因を作る生活習慣とは?

脳卒中の原因のうち動脈硬化や高血圧は「生活習慣病」とも呼ばれるように、日常の生活習慣によって大部分をコントロールすることができます。

そこで、動脈硬化や高血圧を作り上げてしまう生活習慣についてご紹介します。

 

■不規則な食生活

揚げ物をはじめ高脂質な食べ物を多く摂取していると、血液内の脂肪が増加して高脂血症となり結果的に動脈硬化を進行させてしまいます。

また、塩分の多い食事は血液内の塩分が増えることで血液量が増え、血圧が上昇しやすくなります。

よって、外食などが多く不規則な食生活となっている方は要注意です。

 

■運動不足

運動不足になることで、体内の脂肪が燃焼されず蓄積します。

その結果血液内の脂肪分も増加し、高脂血症から動脈硬化、高血圧という悪循環を生みます。また、肥満と高血圧は密接な関係があり、肥満の方が体重を減少させることで血圧が有意に下がるという結果もでています。

適度な運動を習慣的に行い、肥満、高脂血症、高血圧を予防することが大切です。

 

■喫煙

喫煙習慣によって、脳卒中の発症リスクは何倍も高くなることが分かっています。

具体的な原因としては喫煙によって血管内にコレステロールがたまりやすくなり、血管が傷み、動脈硬化を進行させることがあげられます。

また、ニコチンなどたばこに含まれる成分が血管を収縮させる作用をもつことで、喫煙後しばらく血圧が上がるということも分かっています。

これらの現象は副流煙による受動喫煙によっても起こりますので、喫煙によってご家族や周囲の方の脳卒中リスクも高めてしまうことになります。

 

■過度のストレス

ストレスが長期にわたってかかると、自律神経が乱れて交感神経が常に高ぶった状態になってしまいます。

交感神経が優位になると血圧が上昇しますので、脳卒中のリスクを高めます。

精神的なストレスももちろんですが、疲労や睡眠不足など身体的なストレスも自律神経の乱れにつながり同じように脳卒中のリスクとなりますので、まだ大丈夫と過信せず、十分な休息をとるように心がけましょう。

 

おわりに

今回は、脳卒中の原因とその原因をつくる生活習慣についてご紹介しました。

発症すると命に関わる疾患であることはもちろん、後遺症などにより従来の生活を取り戻せない場合も多々あります。

今回の内容を参考にしていただき、できることから生活習慣を改善していただきたいと思います。