リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

「これからのリハビリに求められる知識!フレイルに対してリハ職ができること!」

はじめに

高齢化が進行している日本では、介護予防が重要となります。介護予防は「要介護状態になることを極力遅らせること」や「要介護状態になるのを未然に防ぐこと」を目的としていますが、フレイルやサルコペニアは介護予防分野で注目されているキーワードです。今回は、フレイルについての概要とフレイルとサルコペニアの違いについて説明します。

 

フレイルとは

フレイルとは、「Frailty(フレイルティ)」の日本語訳です。「Frailty」を日本語に訳すと「虚弱」や「老衰」、「脆弱」などになりますが、日本老年医学会は正しく介入すれば改善することが可能であり、ネガティブな印象の「虚弱」という訳し方をせず、「フレイル」という訳語にすることを2014年に提唱しました。

 

フレイルの定義

日本老年医学会によるフレイルの定義は、「高齢期に生理的予備機能が低下することでストレスに対する虚弱性が亢進し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態で、筋力低下により動作の俊敏性が失われて転倒しやすくなるような身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題を含む概念である」とされています。

健康な状態と日常生活でサポートが必要な要介護状態の中間を意味しており、多くの場合フレイルになった後要介護状態へ進むと考えられています。

 

フレイルの原因

フレイルは様々な要因が合わさることにより結果起こります。以下に、要因と考えられているものを挙げます。

〇筋力の低下

〇身体機能の低下(歩行速度の低下)

〇食欲の低下

〇認知機能の低下

〇易疲労性や活力の低下

〇体重減少

〇加齢に伴う活動量の低下と社会交流機会の減少

〇慢性的な管理が必要な疾患(呼吸器疾患、心疾患、抑うつ症状、貧血)にかかっていること

〇収入・教育歴・家族構成など

サルコペニアとは違い、身体面の要因だけではなく、社会交流機会の減少や収入・教育歴・家族構成などの社会面も要因とされています。

 

フレイルの診断

診断には、一般的にFriedらによる評価指標が用いられています。5項目あり、3項目以上該当するとフレイル、1または2項目だけ該当する場合はフレイルの前段階であるプレフレイルと判断されます。

①体重減少:意図しない年間4.5㎏または5%以上の体重減少

②疲労感:何をするのも面倒だと週に3-4日以上感じる

③活動量の低下:散歩などの運動を週1回以上していない

④歩行速度の低下:以前に比べて歩く速度が遅くなってきたと思う

⑤筋力低下:握力測定(男性26㎏以下、女性18㎏以下)

 2006年からは介護支援事業にて生活機能評価を行い、フレイルのスクリーニングをしています。生活機能評価は、生活機能チェック(問診、身体測定、理学的検査、血圧測定)、生活機能検査(身体検査、循環器検査、貧血検査、血液化学検査)から構成されています。また、フレイルの身体的、精神的、社会的側面をチェックできるよう基本チェックリストが使用されています。※1

 

サルコペニアとフレイルの違い

サルコペニアとフレイルともに、加齢による変化を意味していますが、サルコペニアが「筋肉量の減少、筋力低下、身体機能の低下」を原因にしているのに対して、フレイルは「身体機能の低下のみならず、認知機能障害、精神・心理的問題、社会問題などの様々な要素」が原因となっています。フレイルにも「身体機能の低下」という要素があることから、サルコペニアもフレイルになる原因の一つとして考えることができます。

サルコペニアは「筋肉(sarx)+喪失(penia)」、フレイルは「虚弱(frailty)」という様に単語で理解すると整理しやすいです。

 

フレイルに対してリハ職ができること

フレイルを適切に予防すれば要介護状態に進行することを防げる可能性があります。フレイルの予防は「フレイルにならないこと」と「フレイルの進行を防ぐこと」の2つがあります。この2つに対する方法は重なる部分が多くなっています。

フレイルの主な原因は低栄養とサルコペニアです。低栄養は加齢に伴い咀嚼力が落ち、唾液分泌が減少し、消化管の蠕動運動、基礎代謝量、身体活動量が低下し食欲や食事量の低下に繋がります。

 動物性たんぱく質(肉、魚、卵、乳製品など)は身体の筋肉や血液をつくる役割があります。タンパク質の摂取量が不足すると、血液中のアルブミン量が減り低栄養状態になってしまいます。高齢者になると食事量が少なくなるため、食事の間に間食をするなど工夫します。乳製品にはタンパク質が多く含まれるので摂取するようにして効率的に栄養を摂るようにアドバイスします。

 サルコペニアに対してはレジスタンストレーニングが有効的です。レジスタンストレーニングを行うことで筋肉量を増やし、身体活動量も向上させることができます。身体活動量が向上した結果、低栄養の原因の一つである食欲も向上させることができます。また、レジスタンストレーニングを行うと筋肉でのたんぱく合成を促します。そのためにも、カルシウムやビタミンDを積極的に摂ることが重要です。おすすめできるレジスタンストレーニングは、①スクワット②片足立ち③踵上げです。これらのトレーニングは椅子や壁などの支持物があればすぐに行えますのでおすすめです。

 フレイルの基準を提唱したFriedは「フレイルサイクル」についても論文に記載しています。フレイルサイクルを身体活動の低下から説明すると、「身体活動の低下→エネルギー消費量の低下→食欲の低下→食事量の低下→低栄養状態→筋肉量の低下→身体活動量の低下」というような悪循環のサイクルのことです。加齢による食事量の低下に加え、食欲が低下すると低栄養状態になってしまいます。そして、低栄養状態はサルコペニアを進行させます。フレイルサイクルを断ち切らないと要介護状態になる可能性が高くなってしまいます。リハ職が大きく関わるのはサルコペニアに対する予防ですが、フレイルサイクルのことを理解しておくことにより、栄養の重要性も利用者さんに説明することができます。

 

社会参加を促すことも重要

高齢者は社会参加の機会が失われやすいです。その要因として、身体機能の低下、家族の死別、定年退職等が挙げられます。外出や社会との関わりを持つことが面倒になると家に閉じこもってしまい、フレイルサイクルに陥ってしまいます。リハビリや介護予防事業による集団体操にてサルコペニアを予防することができたとしても、社会参加の機会を失ったままではフレイルになってしまうリスクがあります。

 介護予防事業に参加することも社会参加の一つであり、大きな一歩になります。集団体操にて効果を出し、継続して運動をしていただくことも重要ですが、気の合う参加者同士をつなげたり、別の体操教室を進めたり、体操教室ではないカルチャー系の教室やイベントを案内することも重要です。

 リハ職として「心身機能」だけをアプローチするのではなく、「活動」や「参加」に対してもアプローチするというICFの考え方を実践することがフレイルの予防に求められます。

 

参考文献

※1.『介護予防のための生活機能評価に関するマニュアル(改訂版)』 厚生労働省

※2.公益社団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット https://www.tyojyu.or.jp