リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

鵞足炎

鵞足炎はマラソンやサッカーなど走る人やジャンプをよくする人によくみられる膝のスポーツ障害です。

治ったと思っても再発を繰り返すことも多く、スポーツをしている人は悩まされている疾患の一つです。

今回は鵞足炎について説明していきます。

 

鵞足(がそく)とは

鵞足とは膝の下の内側の脛骨(すねの骨)の部分を指します。

そこには半腱様筋、薄筋、縫工筋と呼ばれる膝を曲げる筋肉が付着しています。

その筋肉の着き方が『ガチョウ』の3本の足のように見えることから『鵞足』と呼ばれるようになったと言われています。

 

なぜ鵞足炎になるか

鵞足炎は基本的に使い過ぎ(over use)が原因です。

鵞足の下には鵞足滑液包と呼ばれる袋があります。

これは鵞足と骨の間の摩擦を少なくして滑りやすくする機能を持っています。

鵞足に付着している3つの筋肉の作用は膝を曲げること(屈曲)ですが、膝の屈伸動作(ランニング、ジャンプなど)の繰り返しにより筋肉が硬くなったり緊張が高くなったりすることで滑液包での摩擦が強くなり、鵞足炎をおこしやすくなります。

また特徴的な下肢の姿勢として

・X脚傾向にある人

・Knee in-toe out(スクワットなどで膝が内側に入りつま先が外を向いている状態)
が見られる人は、正常な人に比べ鵞足に大きなストレスが加わりやすくなり、鵞足炎を発症しやすいです。

 

鵞足炎の症状

鵞足炎の症状は初期では痛みが主体です。

初期はマラソンやランニングをした後などで膝下に痛みを訴えます。

症状が進行すると歩くときや階段の昇り降りで痛みが出るようになります。

さらに進むと患部を押すだけで痛みが出たり、安静にしている状態でも痛みが出たりするようになってしまいます。

ここまでくると患部が腫れたり熱を持ったりしてきます。

鵞足に付着している3つの筋肉は膝の屈曲に加え、下腿(すねの骨)を内側に回す作用があります。

膝が伸びていく時(伸展)は下腿が外側に回ります。

そのため膝が伸展するような運動で鵞足の緊張は高まり痛みを生じやすくなります。

具体的にはランニングやジョギングなどの足を接地する直前では膝関節が最大伸展位に近づくため鵞足に大きなストレスが加わり、その結果痛みを訴えやすくなります。

 

治療法

鵞足炎は基本的に使い過ぎ(over use)が原因です。

急性期では運動量を制限し、主な症状である痛みと腫れの軽減を図ります。

腫れや痛みが落ち着いてくるとストレッチや筋力トレーニングを行っていきます。

 

●急性期

急性期は運動に支障をきたしている場合はスポーツ活動を制限して安静にします。

患部が腫れていたり熱を持ったりしている場合はアイシングをします。

痛みが強い場合は痛み止めの薬が有効です。

それでも効かない場合はステロイド注射をすることも稀にあります。

 

●回復期

痛みが落ち着いてきたら少しずつストレッチと筋力トレーニングを始めます。

ストレッチは基本的には鵞足に付着している3つの筋肉のストレッチを行います。

他にも大腿の前に着いている大腿四頭筋や、ふくらはぎにある腓腹筋などのストレッチを行うことで間接的に膝の痛みの軽減が期待されます。

また痛みの出ない範囲で少しずつ運動も始めていく時期になります。

運動前後には十分なストレッチをすることと運動後のアイシングが痛みの軽減には効果的です。

筋力トレーニングはknee in-toe outを改善するために有効です。

特に股関節の影響を受けるため中殿筋、大殿筋、外旋筋と呼ばれる筋肉のトレーニングをするといいでしょう。

・中殿筋トレーニング

鍛えたい足を上に横向きに寝ます。そのまま上の足を真上に挙げます。

・大殿筋トレーニング

うつぶせに寝ます。そのまま足を上に持ち上げます。

・外旋筋トレーニング

鍛えたい足を上にして膝を曲げた状態で横向きに寝ます。足先は床につけたまま膝を離すように上の足を開きます。

 

まとめ

鵞足炎は鵞足と呼ばれる部分に付着している筋肉にストレスが加わることで発症します。

それには筋肉の硬さの問題や特徴的な姿勢が影響しています。

痛みが強いい時は専門医を受診し、まずは炎症を抑えましょう。

その後、鵞足にストレスが加わりにくくするように筋肉のストレッチと姿勢をよくするための筋力トレーニングを行いましょう。

また症状が落ち着いても運動量が増えることで再発を繰り返す可能性があります。

前述したストレッチと筋力トレーニングは予防にも効果的です。

痛みがない時から、予防の為にストレッチと筋力トレーニングを行うようにしていくことが重要になってきます。