リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

アキレス腱断裂に対する治療

『アキレス腱断裂』と言えば誰でも一度は聞いたことがあるくらい有名なスポーツ外傷です。

よく運動会の時にお父さんが久しぶりに走って受傷するようなイメージを持っている人も多いと思います。

 

今回はアキレス腱断裂について話していきます。

 

アキレス腱とは

 

そもそもアキレス腱とはなんでしょうか?

 

腱とは筋肉が骨に付着する部分の硬い結合組織のことを言います。

柔らかいまま骨に付着すると筋の収縮力が伝わらないので、腱という硬い組織になって付着しています。

アキレス腱とは、下腿にある腓腹筋とヒラメ筋が踵骨に付着する部分の腱のことを指します。

 

アキレス腱断裂の疫学、症状

 

アキレス腱断裂はスポーツの時に多く、40代くらいの中年層が最も多く、次に30代、50代と続きます。

受傷年齢が比較的高いことから、加齢による組織の変性や使い過ぎによる微細損傷などの影響があると考えられています。

30代をすぎるとアキレス腱への血行も悪くなっていくとも言われています。
踏み切り動作やジャンプの着地など強い力がかかった時などに多く受傷し、バチッという大きな音がして『後ろから誰かに蹴られた』と来られます。

バレーボールやバスケットボール、サッカーなど激しい動きを求められるスポーツに多いです。
予防として運動前後には軽いストレッチを行うことが重要です。
症状はアキレス腱断裂部に陥凹(くぼみ)がみられ、同部位に痛みを伴うこともあります。
またアキレス腱が断裂するということは、腓腹筋・ヒラメ筋の収縮が足部に伝わらないということになります。

ふくらはぎの筋腹部分をつまんでみると、健側では足部が動くのに対して、患側では収縮が伝わらず足部が動かない現象がみられます。(トンプソンテスト)

 

アキレス腱断裂の治療

 

アキレス腱断裂の治療は保存療法と手術療法の2つがあり、どちらも比較的予後は良好です。

 

以下に保存療法と手術療法の特徴を記します。
保存療法
利点①感染・癒着の危険性がない

  ②手術の傷がない

  ③痛みが少ない

  ④お金がかからない


欠点①再断裂の危険性が高くなる

  ②腓腹筋・ヒラメ筋の筋力低下

  ③腱が癒合しない可能性がある

  ④固定期間が長くなる

 

手術療法
利点①再断裂が比較的少ない

  ②筋力の回復

  ③癒合が確実に図れる


欠点①感染・癒着の可能性がある

  ②術部の傷の疼痛

  ③お金がかかる

 

手術は断裂部を縫合できるので保存療法より早くリハビリを開始することが可能なため早く仕事やスポーツに復帰したい人に選択される可能性が高いです。


保存療法は、持病があって手術のリスクが高い人や高齢者、活動レベルが低い人などに選択されます。

 

保存療法、手術療法のどちらを選択してもその後のリハビリが重要になってきます。

どちらを選んでも腱の治癒速度は変わりません。

約6週間ほどで健の連続性が得られるとありますが、強度的にはまだ弱く、無理をすると再断裂の危険があります。

8週前後で腱に近い組織になるので、腱の修復過程を考慮しながら進めていく必要があります。

 

リハビリ

 

受傷後・術後はギプスや装具で固定しながらリハビリをすすめていきます。
ギプス固定期間は、筋力の低下を防ぐことや、術後であれば癒着を予防することが大きな目的になります。


・仰向けで膝を伸ばしたまま足を持ち上げる
・患側の足の指を動かす(グーチョキパーをする、タオルを足趾でたぐり寄せるなど)


このような運動はギプス固定の時からも可能な運動になります。

 

無理は禁物ですが、この時期にリハビリするかどうかが後々に影響してきます。
固定期間が終わると硬くなった足首を動かしていく可動域練習と、ふくらはぎを中心とした下腿にある筋肉の強化を行っていきます。

 

リハビリを進めていくと術後・受傷後3か月前後でジョギングが開始となります。

スポーツ復帰の目安5~6か月年前後になってきます。

 

ギプスが取れたばかりのこの時期は、まだ再断裂のリスクが高い時期です。

無理をしないように、専門家に聞きながら行っていきましょう。

 

まとめ

 

今回はアキレス腱断裂とその治療について述べていきました。

アキレス腱断裂は中年層に多く、加齢による変性が影響していると考えられています。
治療法には保存療法と手術療法があり、どちらも予後は良好ですがそれぞれの利点・欠点があります。

それぞれの特徴を理解したうえで自分に合った治療法を主治医と相談して決めましょう。
リハビリを行っていく際も腱の修復過程に注意しながら無理のないように進めていくことが必要です。
最後に、予防としての運動前後のストレッチは大事になります。

スポーツやウォーキングなど運動を続けていくためにもストレッチを普段から取り入れるようにしましょう。